SSブログ

寂光院 [旅行]

寂光院(清香山玉泉寺)は、天台宗の尼寺で、推古2(594)年に、聖徳太子が御父用明天皇の菩提を弔うために建立されました。本尊は平成12年の火災により損傷したため、現在は、復元された本尊が本堂に安置されています。

入り口の階段。

建礼門院は、文治元年(1185)九月に入寺し真如覚比丘尼となり終生をこの地で過ごされた。

諸行無常の鐘楼。

垣間見える紅葉。

青空に映える紅葉。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

実光院イエローナイフのオーロラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。